七五三の写真を撮る方必見|思い出をいつまでも

子供

子どもの成長の節目に

女の人

七五三の写真はお参りと同日に撮ると非常に混む上料金も高いので、前もって撮っておくのがおすすめです。スタジオならば暑さ寒さも関係ないため、夏場でも問題ありません。人気なのは、家族や子どもの様子を記念に残せ、衣装を着る楽しみがあるためです。

Read More..

子供の成長を祝うイベント

撮影機材

七五三の写真を撮る時は、前撮りをしておくと良いでしょう。フォトスタジオで写真撮影を行う際は、子供の機嫌が悪くなった時のことを想定してお菓子やおもちゃを用意して、両親もスーツを着るなどして身なりを整えておくと一緒に写真を撮ることも出来ます。

Read More..

思い出を残したい

男の子

レンタル衣装のメリット

男の子ならカッコよく、女の子なら可愛く…いつもと違う服や着物を着て、想い出に残る写真を残したいですね。祖父母へプレゼントしたり、自宅で親子で眺めたり…。最近はレンタル衣装屋さんで着物を借り、そこで着付けからヘアメイク、そして写真撮影をするのが主流かもしれません。お写真は日焼けをする夏前に早撮りで、秋にはまた着物を借りて七五三詣りへ。昔に比べ自分の着物を持つ家庭も少ないでしょうし、衣装屋さんで好きな着物を選べるのは便利ですね。お詣り当日に撮影はバタバタするので、早撮りをしておけばゆっくり厳かに七五三詣りが出来そうです。レンタル衣装屋さんは撮影もプロです。7歳ならきちんと撮影に臨めますが、3歳5歳のお子様の撮影はとても大変。同じ場所にじっと立ってはいられないし、カメラ目線なんて難しい。でもスタッフの方々がぬいぐるみやおもちゃを駆使し、子供の興味を引きつけながら上手に写真を撮ってくださいます。最後はパソコンでお写真を選び七五三アルバムを作成します。夏前ぐらいから七五三予約や試着会をされるお店も多いですし、気軽に覗いてみてはいかがでしょうか。

機嫌の良い時間とお手洗い

七五三といえば着物をお召しになるのが主流です。でも小さなお子様に着物はとても窮屈。まずは着付けの時点で飽きてしまう子もいるでしょう。女の子は特にヘアメイクにも時間がかかるので撮影前の準備だけでグッタリ、グズグズなんてことも。ご機嫌に写真を撮ってもらうためには、時間選びが重要です。お昼寝をする子ならその時間は避けなければいけませんし、普段の様子を見て何時頃がベストなのかを考えたほうが良さそうです。そして着付けの前には必ずお手洗いへ。頑張って着せたのに突然「おトイレに行きたい」と言い出し仕方なく脱がせることになってはショックですものね。着付け前の飲食から気をつけたほうがいいかもしれません。ベストな状態で撮影出来るように、気配りしてから臨みたいですね。

記念になる1枚を撮る

女の子

七五三のイベント時には、記念を写真に残す家庭も多く、スマホやデジタルカメラで保護者がセルフで撮るケースもあります。しかしながら、写真館のサービスを賢く利用することで、子供の成長を記録でき、さらに家族の写真も残すことも可能です。

Read More..